SE年収1000万までの道のり

パソコン初心者の僕が年収1000万を超えるまでにしたこと。仕事、転職、独立、副業、投資など。

*

独立するか、しないか、悩み続ける僕(ほぼ独り言)

      2016/03/20

BN07

前の会社の後輩が独立してフリーランスになったという事で2人で飲みに行ってきました。

独立してフリーランスになった後輩と2人で飲みに行った話

 

そこで、前の会社の後輩(27歳)が年収850万も稼いでいるという事実を目の当たりにして、僕も独立するべきか心が揺らいでいました。

スポンサーリンク

ひたすら悩む僕(以下、翌日の脳内ですw)

いやー、あいつが850万も稼ぐようになったのか。

26歳で年収600万の俺、結構イケてるんじゃね?なんて思ってた自分が恥ずかしいわ。

 

でも、折角1次ベンダーに転職出来て、毎日定時で帰れて、将来このままいけば管理職で1000万超えも固いじゃん?

辞めるの勿体なくねーか?

わざわざフリーランスなんてなる必要あるか?

 

いや、あるだろ。

だって、10年後、20年後に1000万稼いだって何の自慢にもなりゃしないよ?

それに、若い時期のキャッシュの価値が超高い事は分かってるだろ?

住宅ローンとかで金利を無駄に払わなくて済むし、投資に回せば複利効果で10年、20年後にはとんでもない金額に膨れ上がるよ?

しかも今ならモテるぜ?

ジジイで金持ってても意味ねーよ?

 

だよな、やっぱり人生前半戦で幾ら稼げるか、が重要だよな。

 

うーん、でも、やっぱり今のポジションを失うのは勿体ねーよな。

分かっちゃいるけど、捨てられねーよな。

 

死ねば助かるのに。

あ?

まーそーだよな、何にビビってるんだ僕は。

 

あいつと僕に年収の差ほどの実力の差は無いだろう。

年収がここまで違うのは単純に度胸の差だろ?

僕はそんなビビりだったっけか?

 

危ない橋一本渡れない男に勝機があるかっ!

あ?

つーか、独立してフリーランスになることのどこが危ない橋なんだ?

 

命はもっと粗末に扱うべきなのだ。

あ?

そうだな兵藤。

よし、じゃあ最悪の展開を考えてみよう。

 

もし会社を辞めて独立して、最初は仕事が沢山あって年収が大幅にアップしたとしよう。

でも1年とか2年でリーマンショックみたいな状況になって、企業のIT投資が冷え切っちゃってSEが余りまくったとしよう。

 

で、そん時に仕事が無くなって困る訳か。

なるほど、それがリスクだな。

 

で、仕事が無くなって困ってどうなる?

まぁ、別に。

どうってことないよな。

 

金は沢山貯まってる事だし、数年海外に留学して向こうで働きながら英語でも勉強しに行くか?

んで、戻って来た頃に外資系のIT企業にでも就職するか。

あー、それは良い考えだw

 

もしくは、景気が回復するまでネットゲームでもやって廃人生活するか?

うーん、まぁそれなら金なんて殆ど使わないし、悪くはないよね。

 

まあ、数年以内にリーマンショック級の不況が来てもまぁ問題ないか。

 

つーか、リーマンショック以上の不況でIT投資が超冷え込んだら倒産する会社も多いだろ。

そしたら、会社が潰れた正社員も、仕事なくなったフリーランスも、同じだよな。

仮に潰れなくても世の中に仕事が無くなったら自宅待機とか言って給料出せないだろ。

 

うん、大不況に対するリスクは別にあんま変わらないな。

 

他に考えられるリスクは何がある?

年取ってからか。

 

20代、30代、はフリーランスでも仕事が沢山あって、サラリーマンの倍近い収入を稼げたとしよう。

でも、40代になると仕事が一気に減っていき、50代になったら仕事なんて皆無になった。

その結果、50代にもなってハローワークで必死に職探し。

というパターンか。

 

でも、それならそれで良いよな。

50代で仕事なくなったら、50代でリタイアしちゃえば良いじゃん?

生活水準をそんな上げなければ金は沢山貯まっているハズだからね。

 

だって、よく考えてみ?

年収500万で40年働くのと、年収1000万で20年働くの、どっちが良いんだい?って話だよな。

そりゃ1000万で20年だろ。

しかも人生前半のキャッシュには運用利回りが付いて来るわけで、圧倒的に1000万で20年の方が得だろ。

 

つーかさ、そもそも仕事減るって言っても、仕事出来ない奴から仕事なくなってくんじゃね?

自分を優秀だとは思わないけど、まぁ並だろ。

となれば優・並・劣で言えば、劣の人から仕事なくなるだろ。

 

もし、そんな状況だとしても、100歩譲って、年収400万で良いので雇って下さい。って言ったらどうだ?

新人と同じ給料で、ベテラン即戦力を雇える訳だから、まあ雇うだろう。

超お買い得だもんな。

 

って考えると、何がリスクなんだっけ?

変化が怖いだけか。

だな。

 

あいつに営業紹介してって言うか。

いつ言おうか?

 

もうちょっと考えてからにしない?

そのうち言おうか。

 

いやいやいやいや、そのうちとかあり得ねえーだろ。

今だろ。

人間、今やらない事は何時まで経ってもやらないって。

 

そ、そうだよな。

 

昨日の今日で、独立に対して自分が一番前向きなのは今日だろ?

明日になったら今日より少しだけど、独立に対してのモチベーションが確実に減るぞ?

下らない日常の中でこの気持ちをどんどん忘れてっちゃうぞ?

 

今日逃げたら明日はもっと大きな勇気が必要になるぞ。

あ?

だな、今日やらなかったら一生後悔するだろうな。

 

チャンスの女神に後ろ髪は無い。

やった後悔よりやらなかった後悔の方が大きい。

口だけじゃなくて実践しなきゃこんな言葉知ってても意味ねーもんな。

 

世の中には成功する人と失敗する人の2種類がいる訳じゃない。

成功も失敗もする人と、何もしない凡人の2種類がいるんだよ。

 

・・・

 

よし!

フリーランスやってみっか。

 

万が一ダメでも別に生きてく手段は幾らでもあるもんな。

むしろ働かなくても日本じゃ死なねーもんな。

 

そもそも、これまで何年もSEやってきた僕がダメってことはないだろ。

もっとダメな人を五万と見て来たし。

 

よし、やろう!

今やろう!

現実に戻る

・・・と、ここまで僕の脳内ですw

そして、現実に戻りますw

 

僕「もしもし、昨日はありがとね。」

後輩「俺の方こそありがとうございました。」

僕「あれから色々考えてみたんだけどさ、俺も会社辞めて独立しようかと思って電話したんだ。」

 

後輩「おお!本当ですか!」

僕「うん、マジマジ。」

後輩「さすがです!!」

 

僕「でね、営業紹介してくれるって言ってたじゃん?」

後輩「はいはい。」

僕「紹介して貰っても良い?」

後輩「全然大丈夫ですよ。」

 

僕「どうすれば良い?」

後輩「取り敢えず、スキルシート送って貰って良いですか?」

後輩「営業からタカさんに連絡するよう言っておきますから。」

僕「オッケー、後で送るわ!」

 

後輩「いやー、タカさんがそう言ってくれて俺は嬉しいです。」

僕「あ、そう?結構悩んだけどねw」

後輩「絶対いい結果に繋がりますよ。」

僕「だといいんだけどね。」

 

後輩「じゃあ、また営業からコンタクトあると思うんで宜しくお願いします。」

僕「うん、宜しく、どうもありがとう!」

「カチャ、ツーツー」

 

僕(ふぅー。一歩踏み出したぞw)

僕(この一歩が大事、この先どうなるか不安もあるけど楽しみだw)

今思うこと

青空

僕はこの日、凄く悩みました。

人生で一番悩んだ日かもしれませんw

でも、最終的に独立してフリーランスでやってみようと判断した事は大正解だったと今は思います。

 

あの時ビビらずに「よし、フリーランスやってみっかー。」と思った過去の自分に本当に感謝してます。

 

やっぱり一度フリーランスで仕事をすると、本当に視野が広がります。

  • サラリーマンしかやった事無い人
  • サラリーマンもフリーランスもやった事ある人

今だからこそ分かりますが、この違いは天と地程の差があります。

 

サラリーマンがやってるのは労働ですが、フリーランスはビジネスです。

サラリーマンしかやった事無い人がフリーランスを経験することは100%プラスになると断言できます。

(もちろん自分のやりたい仕事を出来るし、収入も跳ね上がります。)

 

まあそうは言っても、結局最後は、

「メリット、デメリット」

の話ではなく、

「やるか、やらないか」

だけの話なんですけどね。

 

僕が後輩に紹介して貰った会社は名もない会社なのですが、フリーランス専門のエージェントとして大きく展開している会社は以下がありますので、もし興味があればどうぞ。

僕が紹介して貰った会社より、マージンも安いし、案件の量も圧倒的に多いです。(特にレバテックがお勧め)

 - 一次ベンダー時代 ,