SE年収1000万までの道のり

パソコン初心者の僕が年収1000万を超えるまでにしたこと。仕事、転職、独立、副業、投資など。

*

【入社初日】入社式とオリエンテーション。給料は?休みは?

      2016/03/20

SOFTHOUSE_VOL001

ここでは入社式~オリエンテーションまで、入社初日の出来事をお話したいと思います。

 

僕は卒業に必要な未提出課題を3月31日の夜までかけてやっていましたので、卒業の余韻を味わう暇もなくすぐに入社となりました。

【卒業】就職率100%とか言うけど本当にみんな就職出来たのか?

 

入社初日は入社式をやるという案内を事前に貰っていたので、僕はいきなり会社には行かず近くのホテルへ直行しました。

 

入社式の会場は20人位が食事出来る広さの個室で、参加者は前回の内定式とほとんど同じ、新入社員6人、役員2人、人事2人、部長4人、マネージャ6人の計20人です。

前回の内定式にマネージャーは来てなかったのでマネージャーが来た分前回より人数が増えていました。

 

僕の入社した会社は社員数が100人位だったのですが、マネージャーというと大体部下が10名位はいるような感じでしたので、一般的な課長に相当職位だったと思います。(年齢層は35歳~45歳位?)

とにかく会社の中でも偉い人だらけだったので僕は緊張していました。

 

僕(仕事出来そうな人達だなー。なんかすげードキドキしてきた。)

僕(1人づつ挨拶するって言っていたから、なんか考えとかなきゃ・・・。)

スポンサーリンク

入社式が始まる

入社式の開始時間になり人事部の進行で入社式が始まりました。

まずは新入社員から自己紹介を1人づつするということで、僕の左に座っていた奴がトップバッターで挨拶が始まりました。

 

左の新入社員「後藤です。宜しくお願いします。」

位の簡単な挨拶で済ませ、すぐに僕の番になってしまいました。

 

僕(マジかよ。もう終わりかよw)

僕(あれ?俺何話そうとしてたんだっけ?)

僕(やべ。飛んだ・・・。)

 

僕は起立して、

僕「今日は桜が咲いておりますが、えー、あー、入社出来て嬉しく思います。」

僕「また、えー、えー、どうぞ宜しくお願いします!」

と、何かカッコいい挨拶でもしようとして桜がどーのこーの言おうとしたのですが、緊張の為全部ぶっ飛んでしまいました。

 

結局桜は全く関係の無い簡単な挨拶になってしまいましたw

 

他の同期達も簡単な挨拶をして、次にマネージャーによる現場紹介が行われました。

マネージャーによる現場紹介

メモする手

人事部長「続きまして現場のマネージャーから各現場の紹介をして頂きたいと思います。」

人事部長「山本マネージャーからお願いします。」

 

山本マネージャー「マネージャーの山本です。まずは入社おめでとうございます。

山本マネージャー「うちのチームは主に公共系のシステム開発をしていて、xx駅のxx社が主なお客様です。そして・・・」

と、2、3分位現場の説明をしてくれました。

 

人事部長「ありがとうございました。続きまして高橋マネージャーお願いします。」

高橋マネージャー「マネージャーの高橋です。」

・・・と、2人目のマネージャーが話し始めてすぐに部長の1人が話を遮りました。

 

システム部長「高橋くん。ちょっと俺に一言喋らせて。」

高橋マネージャー「あ。はい。」

 

システム部長「新入社員の君達はさっきからメモを取らずに話を聞いてるけど、本当に全部記憶してるの?」

システム部長「せっかく忙しい中マネージャーが君達の為にこうして集まって話をしてくれているのに、後になって忘れましたなんていうのは許されないよ。」

システム部長「大事な話はメモを取る。これは社会人の基本だからね。」

 

システム部長「高橋くん、ごめんね、続けて下さい。」

と、誰一人メモを取っていなかった僕達新入社員は注意されました。

そして、全員すぐにカバンから筆記用具とノートを出してメモを取りながら聞くようにしました。

 

僕(そっか!これが社会人の基本なんだな。よし!)

俺(あれ?ノートが入ってねーぞ・・・。)

僕は注意されたことを受けてメモを取ろうと思ったのですが、ノートを持ってきてなかったので「入社式のご案内」の裏に書き始めました・・・。

 

>to当時の僕

おい、ノート位持って来いよw

オリエンテーション

入社式が終わると会社に戻って人事部によるオリエンテーションが始まりました。

ここでは給料や就業規則、これから僕達新入社員は何をするのか等の説明を受けました。

 

この時の労働条件は次のような感じでした。

  • 基本給18万円。大卒は20万円。
  • 土日祝日休み。
  • 有給休暇は年間10日。勤続年数によって最大年間20日まで増える。
  • 夏季休暇、年末年始の連休有り。但し客先のカレンダーに従う。
  • フレックスタイム制有り。但し客先のカレンダーに従う。
  • 残業代は50時間まで支給。50時間超過分は賞与の際に支給。
  • 昇給と賞与の前に査定を行う。頑張り次第では給料は大幅に上がる。

 

僕(土日祝日休みでさらに有給休暇20日とか休み過ぎだろw)

僕(給料大幅アップってどんくらい上がるんだろう?)

僕(よーし、頑張って働いて給料上げていくぞー!)

と、この頃の僕はこの説明を完全に信じていたので、仕事に対するモチベーションはかなり上がりました。

 

そして話は今後の予定に移りました。

僕達新入社員は2ヶ月位社内で研修を行い、もしもその間に現場が決まった場合は研修を切り上げて現場に配属になるということでした。

 

まあ、研修と言っても殆ど自習で、たまに社内で持ち帰り案件をやっている人の手伝いをする位でしたので、現場が決まれば当然そちらが優先ですね。

今思うこと

青空

入社式でメモを取れと言ってくれた部長はカッコいいですね。

注意するのって結構エネルギー使うことですし、正直面倒くさいものです。

それなのに、わざわざマネージャーの話を遮ってまで最も良いタイミングで注意してくれました。流石です。

 

後で分かることですが、この会社は50時間を超えた残業代はカットされました。(賞与の時期に払うは嘘でした。)

また、頑張ったら給料大幅アップというのも嘘でしたw

最初3年位は僕の頑張りが足りないんだろうと思って頑張っていたのですが、3~4年目位でチームリーダーをやっていた時に、チームメンバーの新人(大卒)より給料が少なくて流石に嘘だと気付きましたね。

【給料比較】リーダーの僕より大卒の新人の方が給料が高い

 

当時は不満に思ったりもしましたが、それはそれで良い勉強になりました。

 

収入を増やす為にやるべきことは、会社で頑張ってアピールすることではないと身に染みた訳ですからw

【社長からの引き止め】退職届を出したら給料が上がる?

 

まあ、そんなはした金よりも、人参ぶら下げられて一所懸命働いた経験の方が遥かに貴重ですね。

 

でも、嘘は良くないですよ。

どうせすぐバレるんだからw

レベルアップ

  • 会社員になった。
  • 大事な話はメモを取るようになった。

 

次の話⇒新人研修でやった内容が結構良かった

 - 中小ソフトハウス時代 ,