SE年収1000万までの道のり

パソコン初心者の僕が年収1000万を超えるまでにしたこと。仕事、転職、独立、副業、投資など。

*

【マネージャーからの呼び出し】約束は果たされるのか?

      2016/03/20

SOFTHOUSE_VOL017

パッケージのカスタマイズ案件の終わりが見えてきた頃、僕は現場マネージャーに呼び出されました。

 

僕は新人でこの現場に派遣されてから約2年間、ずっと稼働が高く、抜けたい旨を現場マネージャーに伝えていました。

そして、この案件が最後という約束を現場マネージャーとしていました。

【ERPパッケージカスタマイズ案件】もう限界?いや、まだ行ける(泣)

 

なので僕は、

僕(これでやっと別の現場に移れるぞ!)

僕(次は何の案件かなーw)

僕(おっと、その前に代休と有給貯まりまくってるから使わなきゃw)

 

と、僕は次の現場を夢見て現場マネージャーの元へ行きました。

スポンサーリンク

気になる次の案件は?

現場マネージャー「よう!お疲れ!」

僕「お疲れ様です。」

 

現場マネージャー「実は今日、タカの所の課長さんからありがたいご提案を頂いたんだよ。」

僕(げっ。まさか・・・。)

僕「はあ。なんですか?」

 

現場マネージャー「数億円クラスの案件が受注できたみたいで、開発を請負でやってくれるベンダーを今探してるんだって。」

現場マネージャー「そんで、ありがたいことにウチが第一候補としてお声掛けして貰ったんだよ!」

 

現場マネージャーは大きな仕事を受注できそうで大喜びしていました。

確かに、僕の会社の規模からすると、これを受注出来れば会社の売上に大きく貢献できそうでした。

しかし、この現場から抜けたくて仕方がなかった僕は、物凄く嫌な予感を感じていました。

 

現場マネージャー「でね。設計からSESで何人か入って、開発工程に入ったら社内に持ち帰ってそのまま請負で開発して欲しいんだって。」

僕「(あからさまに嫌な顔をして)はあ・・・。」

現場マネージャー「タカがあの現場を抜けたがってるのは良く分かってるんだけど、もう一度だけあの現場の案件をやってくれないか!?」

現場マネージャー「本当にこれが最後!」

僕「・・・。」

 

僕とこの現場マネージャーは現場は違えど、たまに飲みに行ったり遊びに行ったりと仲が良かったですし、好きな上司でした。

しかし、それでも流石にこの時の僕は、「ふざけんじゃねーぞ!?」という雰囲気を出していたと思います。

それ位この現場を離れたかったのです。

説得、そして・・・

現場マネージャー「あの現場を一番知ってるのはタカだし、業務知識や、実装についてもタカが一番詳しいだろ。」

現場マネージャー「新しく連れてくるメンバーだけじゃこの案件を成功させるのは困難だと思う。」

現場マネージャー「だから頼む!俺も現場にイチSEとして張り付くから。な?」

 

と、マネージャーにガチでお願いされてしまいました。

 

僕(気持ちは嬉しいけど、もう体力的に限界だよな。)

僕「気持ちは嬉しいのですが・・・」

 

現場マネージャー「実はこの案件で開発工程に入ったら、若手や外注を入れることになるから、そいつらの面倒をタカに見てもらいたいんだ。」

現場マネージャー「要するに、俺は開発リーダーをタカにやって欲しいと思ってるんだよ。」

現場マネージャー「その歳でリーダー出来る機会なんて中々ないよ?悪くないだろ?」

僕(リーダーか。かっけーな・・・。)

 

現場マネージャー「それに、売上も凄いことになるはずだから、ボーナスは保証するよ。」

現場マネージャー「ドーンと出すよ!ドーンと!!」

僕(ドーンって幾らなんだろう・・・。)

 

褒美をチラつかさられ、僕はなんだか良い気分になってきてしまいました。

そして気付いたら「いっちょやってみっか?」と思っていましたw

 

僕「じゃあ・・・。はい。頑張りますw」

現場マネージャー「おお!ありがとう!きっとそう言ってくれると思ったよw」

現場マネージャー「この案件が終わったら別の現場の仕事にアサインするから。約束するよ!」

 

と、結局数か月前と同じようなやり取りがあり、この現場を抜けることは叶いませんでした。

今思うこと

青空

またしてもマネージャーに上手く乗せられました。

 

僕が、

  • 今より高いレベルの仕事に挑戦したい
  • そして収入を増やしたい

と思っていた事を良く理解していたんだと思います。

 

確かに、3年目の22歳でリーダー経験が出来るというのは魅力的でしたし、今思っても非常に良い経験だったと思います。

これは歯を食いしばってでもやって良かったと思います。

まぁ、プライスレスってやつですねw

 

もう一つ、「ボーナスもドーンと出すよ!ドーンと!!」ってマネージャーが得意気に言っていましたが実際幾ら貰えたのでしょうか。

 

えーと、恥ずかしながら・・・、

同期より4万多かっただけでしたwww

 

まあ、サラリーマンでいる以上、仕事の成果と収入は結びつかないってことが分かって良かったですね。

仕事に見合った報酬を得たかったら、さっさと1人前のSEになって独立しろって事ですね。

レベルアップ

開発チームのリーダーになった。

 

次の話⇒初めての部下(後輩)が優秀でビビる僕

 - 中小ソフトハウス時代 ,