SE年収1000万までの道のり

パソコン初心者の僕が年収1000万を超えるまでにしたこと。仕事、転職、独立、副業、投資など。

*

【オラクルマスター】合格に必要な勉強時間は?

      2016/03/20

SOFTHOUSE_VOL026

ここでは僕がオラクルマスターのブロンズとシルバーの資格を取得した時の話をしたいと思います。

 

僕の勉強開始時点のスペックや、何時間勉強して、その結果どの程度の期間でシルバー取得までいったのか等を書きますので、

「オラクルマスターをこれから勉強しようかな?」

と、思っている方にはお役に立つかと思います。

スポンサーリンク

オラクルマスターを勉強する理由は?

当時の僕がオラクルマスターの資格を取得しようと思った理由は大きく3つありました。

1.暇な案件にアサインされて暇だった

僕は3年間ほどクソ忙しい現場に派遣されていたのですが、流石に体力的、精神的に限界を感じてマネージャーに配置換えをお願いしました。

退職覚悟で配置換えを頼もうとした結果

 

その結果、別の派遣先に異動になって、めでたく毎日定時で帰れるプロジェクトにアサインされたのです。

金融系のシステム開発案件は楽過ぎたw

 

最初の頃はテレビを見たり、ゲームをしたり、飲みに行ったりと、自由な時間を謳歌していたのですが、1ヶ月もするとそれが徐々に不安になってきました。

「こんなに楽して良いのかな?」

「僕はこのまま落ちぶれていくんじゃないか?」

とw

 

なので、当時の僕は「じゃあ資格でも取るか!」という考えに至ったのです。

2.転職を意識していた

僕はこの頃、新卒で入社した派遣メインの中小ソフトハウスに若干嫌気が差していました。

  • 仕事は全部2次受け~5次受け
  • 先輩社員から学べることも少なくなってきた(当時はそう思った)
  • 給料は元受けの新卒の方が高い

とかw

 

いつ転職するかまでは決めていませんでしたが、1年~2年以内には転職しようと思っていたので、転職サイトを見て求人情報を見したりしていました。

【IT業界】おすすめ転職サイトとエージェント一覧

 

なので、

「転職の際に資格があれば少なからずアピールポイントになるかな?」

という思惑がありました。

3.一度勉強したら長いこと役に立つ

暇だし転職を考えていたから資格を取る。というのは分かったけど、じゃあなんでオラクルマスターを選んだの?

という事になりますが、当時の僕の考えとしては、

 

「勉強しても直ぐに役に立たなくなるような知識を身につける為に時間を使いたくない。」

「どうせなら流行り廃りのない技術を勉強しよう。」

と思っていました。

 

プログラミング言語やフレームワークなんかは数年後には廃れている可能性がありますが、オラクルが数年程度で廃れることはあり得ないかなと思ったので、オラクルマスターの資格を取ることにしたのです。

 

また、昔お世話になった年収3000万のITコンサルの社長に、

「データベースと会計の知識はずっと役に立つから勉強しといた方が良いよ。」

と言われたことがあったのも影響していたと思います。

【物欲とモチベーション】年収3000万のITコンサルタントの自慢話

目標は3ヶ月でシルバー取得

オラクルマスターの資格は、「ブロンズ」→「シルバー」→「ゴールド」→「プラチナ」と4段階に分かれていて、下位の資格から順番に取得しないと上位の資格は受験出来ない仕組みになっています。

(いきなりプラチナの試験とかは受験出来ません)

 

僕としては、DBAでやっていく気は無く、SEとしてオラクルのアーキテクチャを一通り理解出来れば良いと思っていたので、「シルバー」まで取得しようと思いました。

 

各資格のレベル的にはざっくり以下のような感じです。

ブロンズ

SQLが書ける。アーキテクチャが用語と概要レベルは分かる。等、IT業界でシステム開発をするなら最低限必要な知識水準。

SQL基礎とDBAの2科目(選択問題)合格する必要があり、1科目15,000円で合計30,000円必要。(全て当時の価格)

シルバー

オラクルのアーキテクチャが詳しく分かるが、普通にPGやSEやるなら知らなくても問題ないレベルの知識。

DBはオラクルを中心に使うとか、普通のPGやSEだけどオラクルは詳しいよ。というレベルを目指すならアリかも。

ブロンズを取った後でDBA(選択問題)に合格する必要があり、15,000円必要。

ゴールド

バックアップやリカバリー等、DBAとしてオラクルを運用するのに必要な知識が中心。

DBAにならない限り全く必要無い知識。

シルバーを取った後で、研修(最安でも2日で20万位)を受講し、DBA(選択問題)に合格する必要があり、22万位必要。

プラチナ

実務でオラクルのDBAとしてバリバリ働いている人が対象の資格。

普通のSEからすると雲の上の存在で、全く縁の無い資格。

ゴールドを取った後で実技試験(20万位)に合格し、更に講習(20万位)を受講しなければならないので、無資格からプラチナを取るには最低でも70万位掛かるw

勉強開始時点のスペックは?

勉強を開始した時点の僕のスペックは、

  • 23歳(IT系の専門卒、入社4年目)
  • オラクルは実務で3年使った
  • SQLは普通に書ける
  • PL/SQLも普通に書ける
  • Enterprise Managerは見ても殆ど理解出来ない
  • StatspackやRecovery Managerは存在すら知らないw

といったレベルでした。

 

まあ、普通に開発現場で数年経験があるプログラマーって感じだと思います。

まずはブロンズ取得に向けて勉強開始

僕は先ずブロンズの1科目目のSQL基礎を勉強し始めました。

とはいえ、3年の開発経験があって現場で普通にSQLを組んでた僕にとってはなんてことない簡単な内容でした。

ただ、データディクショナリとか、sqlplusのコマンドとか、用語(DMLとかDDL)とか、普段現場でそんなに使わない内容もあったので、一応以下の問題集だけ買って勉強しました。


勉強時間は通勤時間だけで1日2時間×5日(たったのw)でしたので、10時間の勉強だけで試験に臨みましたが、結果は90%位の正答率であっさり合格しました。

なので、SQL基礎は現場で普通にSQL組んでいる人なら勉強時間0でも合格出来るかと思います。

ブロンズDBAは甘くない?

SQL基礎をあっさり取得した僕は、ブロンズのDBAの勉強に取り掛かろうとして本屋に行きました。

しかし、DBAの方はSQL基礎と違って普段開発現場で使わないような言葉ばかりでしたので、流石に問題集だけだと無理かなと思い、以下の参考書と問題集を買って勉強を始めました。


僕の基本的な勉強スタイルは、「まず問題集からやる」→「不正解だらけ」→「不正解の箇所を参考書で学ぶ」→「問題集をやる」のループ型です。

まずは参考書を一読する。という方も多いかとは思いますが、僕的には上のやり方の方が効率が良い気がしています。

 

結局、通勤時間1日2時間×30日と試験前の週末に10時間位の勉強時間(合計70時間程度)で試験に臨んだのですが、結果は70%位の正答率で結構ギリギリで合格出来ました。

僕は記憶力が人より劣ると思っているので、勉強が得意な人だったらもっと少ない時間で合格出来るのではないかと思います。

シルバーDBAは難関・・・

「まず問題集からやる」という勉強スタイルはブロンズDBAの時と変わらず、前回と同じく参考書と問題集を買ってきて勉強を始めました。



流石にシルバーレベルになると、オラクル内部のプロセスの話とか、普段現場では全く使わないような内容ばかり出てきます。

なので、問題集をやっていても「何となく予想が付く」という事は殆どなく、参考書を読むのと並行して進めないとサッパリ訳が分かりませんでした。

 

しかし、参考書が分厚過ぎて重いので、毎日通勤電車で読むにはちょっとしんどかったのです。

さて、どうしたもんかと・・・。

 

そこで僕は、電車の中でも参考書が読めるように、3つにぶった切る事にしましたw

切った参考書

こんな感じですw

 

このままだと汚いので、カバーを掛けることで電車の中でも参考書を読むことが出来るようになりました。

目的は「効率よく勉強して資格試験に合格すること」なので、別に本がボロボロになろうが知ったこっちゃないですからねw

 

で、こんな感じで2ヶ月くらい電車の中で勉強を続けて、大体1日2時間×40日と、自分のPCにオラクルをインストールして実機を操作したりして、平日の夜や週末の時間を使って120時間位は勉強しました。

 

2時間×40日+120時間で、僕は合計200時間程度の勉強時間で試験に臨みました。

 

そして、結果は68%位でギリギリ合格w

 

なので、僕の場合は「問題集と参考書を電車で読みながら家で実機を操作してみる。」という勉強方法で、ブロンズ取得後200時間でギリギリ合格といった感じでした。

今思うこと

青空

ブロンズレベルは普通のSEやPGでも知識として持っていた方が良いと思いますが、DBAとしてやっていく気が無い僕にとってシルバーは正直不要でした。

今更ですが、時間の無駄だったなと、後悔しています。

 

特に、僕の場合は資格を取る事が目的ではなく、転職による収入アップが目的でした。

 

「資格を取れば転職が有利になって収入が増えるんじゃないか・・・?」

そう思ってオラクルマスターの資格の勉強に何百時間も注ぎ込みました。

 

しかし、実際に転職活動をしてみて分かったことは

「資格は殆ど転職に役に立たない。」

という事です。

資格を取ってから転職するのは正解なのか?

プライベートオファー!24歳の僕でも年収500万超

 

もし、あなたが

「資格が欲しい」

のではなく、

「実践的で役立つ知識が欲しい」

と思うなら、以下の本は結構お勧めです。

 現場で使える知識にフォーカスしているので、費用対効果は高いです。

レベルアップ

  • オラクルマスターシルバーの資格を取得した。

 

次の話⇒【退職を決意した瞬間】ボーナス5万って少な過ぎだろ

 - 中小ソフトハウス時代 , , , ,