SE年収1000万までの道のり

パソコン初心者の僕が年収1000万を超えるまでにしたこと。仕事、転職、独立、副業、投資など。

*

【宝くじの買い方】期待値はバラを1セット買うのが最良

      2016/03/20

宝くじ売り場

年末ジャンボ宝くじのシーズンですね。

 

”良く当たる売り場!”等と書かれている売り場に行列が出来ているのを見る度に、

「うわっ・・・マジかよ。あんなの並ぶなんてあり得ねー。」

と思っています。

 

しかし、僕も貧乏だった頃は頻繁に宝くじを買っていました。

恥ずかしながら、宝くじを買う事で手に入る「億万長者になるかもしれない自分」に酔う為です。

 

流石に今はもう恥ずかしくて宝くじなんて買っていませんが、買う人の心理は分かっているつもりです。

 

それを踏まえて、ここでは、

「宝くじの期待値はバラを1セット買うのが最良」

という宝くじの買い方のお話したいと思います。

 

毎年何セットも買っている人は不愉快になるかもしれない内容かもしれないので予めご了承下さいm(__)m

スポンサーリンク

宝くじ1セットの期待値は1350円という事実

宝くじの還元率を知っていますか?

 

還元率というのは注ぎ込んだ金額の何%が戻ってくるか?という値です。

 

他のギャンブルが

  • ルーレット⇒約95%
  • パチンコ⇒約85%
  • 競馬、競輪、競艇⇒約75%

という還元率にも関わらず・・・宝くじはたったの45%ですw

 

これは、1セット3000円分買ったら、その期待値は1350円となることを意味しています。

買った瞬間に1650円は税金で持っていかれたのと同じ事です。

 

えーと、仮に6億本気で当てる気であれば、約13億3千万円分の宝くじを買う必要があるってことですねw

 

マジ、国家ぐるみの詐欺ですw

・・・

ん?

 

詐欺って思いましたけど、別に騙して売ってる訳じゃないから詐欺じゃないですね。

還元率は公開されてますし。

 

半分以上持っていかれる事を承知の上で皆んな買ってる訳だから別に問題ないですね。

夢を買う?

期待値1350円と、はっきり分かっている上に、自分の努力で期待値を上げることも出来ない最悪のギャンブルである宝くじ。

何故これほど多くの人が買うのでしょうか?

 

それは、夢を買う為です。

夢を買うというのは、つまり、億万長者になるかもしれない自分に酔いたいということです。

 

何の努力もせずに、何のリスクも取らずに、何のチャンスも可能性も無い人生を歩んでいる(と思っている)人でも・・・

宝くじを買うだけで、

「億万長者になるかもしれない自分」

が簡単に手に入ります。

 

それが欲しいから、皆んな宝くじを買う訳です。

 

といっても、僕はそれ自体を否定する気は全くありません。

 

「当たったら何買おうかなーw」

「取り敢えず会社辞めて・・・1億位の家建てて・・あと車はどうしようかな・・・w」

「高級車とスーパーカーが1台づつあれば平気かな?じゃあ・・・S63とガヤルドでも買うかなwうへw」

と、妄想を膨らますのはとても楽しいです。

 

とりあえず、当選番号発表の日まではこの妄想をおかずに飯が食えます。

何故バラを1セットだけ買うのが良いのか?

「宝くじなんか買わなくても自力で金持ちになれる!」

と思っている人や、

「お金なんて沢山は必要ない。普通に暮らせれば十分幸せ。」

と思っている人はそもそも宝くじを買わないでしょう。

 

宝くじを買う人の多くは、

「自分の可能性を諦めている。でも夢は見たい。」

と思っている人でしょう。

 

そういう人は、バラで1セットだけ買うのが最良の選択だと思います。

 

還元率が45%なので、1セット(3000円分)買った時点で、その宝くじには1350円の価値しかありません。

1650円は夢を見る為のコストです。

 

まあ、当選発表日まで1650円で夢が見れるのであれば安いもんだと僕は思います。

 

しかし、5セットとか10セットとか沢山買う人もいます。

でも、それはちょっと待って下さい。

 

6億当てる為に必要な金額は、約13億3千万円です。

1セット(3千円)買おうが、10セット(3万円)買おうがまず当たる訳ありませんw

 

それだったら宝くじは「夢を見る為のコスト」と割り切ってしまって良いかと思います。

 

1セット(1650円)で見られる夢も、10セット(16500円)で見られる夢も別に変らないですよね。

 

1セットだけ買おうが、10セット買おうが、どうせ

「6億当たったらどうしようかなーwぐへへw」

ってやって楽しむだけなんですから、それだったら1セットで十分ではないでしょうか?

 

そして、連番ではなくバラを買うべき理由は、

「当選結果の確認に10倍時間が掛かるから」

です。

 

当選結果の確認って、最もワクワクする宝くじの最大のお楽しみタイムですよね。

しかし、連番で買ってしまうと、1瞬でハズレと分かってしまいます。

 

これでは1650円分楽しんでないですよね。

 

なので、出来ればバラで買って、10回ワクワクした方がお得でしょう。

結論

宝くじの還元率は45%しかない。

よって、1セット買う毎に1650円損している。

 

しかし、その引き換えに「億万長者になるかもしれない自分」が手に入り、当選発表日までは夢を見ることが出来る。

 

であれば、宝くじは夢を買う為のコストと割り切って、バラを1セットだけ買うのが一番得。

バラを買う理由は当選番号の確認を10回する必要があり、連番の10倍楽しめるから。

 

という感じです。

 

僕としては、年末のお祭りという感覚で3千円分位を買うのであれば別に良いんだと思います。

でも、本気で当てたいのか3万円分とか買う人はチョット僕には理解できないです。

 

あとは、おっさんが宝くじ売り場に並んでいるを見ても別に何とも思いませんが、若い人が並んでいるのとかは見たくないですね。

なんか残念な気持ちになります。

 

もしよかったらこのブログのお金の話だけでも見てって欲しいです。

お金を稼ぐ為に必要な事を書いています。

 

少なくとも、

宝くじ売り場に並ぶ時間

よりは、役に立つ自信があります。

 - コラム ,