SE年収1000万までの道のり

パソコン初心者の僕が年収1000万を超えるまでにしたこと。仕事、転職、独立、副業、投資など。

*

【中途入社の歓迎会】名前を覚えて名前で呼ぶことが大事

      2016/03/20

BN_02

転職して間もなく、僕の部署(20人程)で歓迎会をやってくれることになりました。

【転職初日にやったこと】オリエンテーションや挨拶など

歓迎されるのはもちろん僕ですw

 

さて、中途入社の場合だと、自分の歓迎会は最も重要なイベントと言っても良いと思います。

この飲み会でどう振る舞うかによって、新しい職場での今後の人間関係を上手く築けるかが大きく左右されます。

 

僕としても早く既存社員と仲良くなれるようになりたかったので何とか上手くコミュニケーションを取りたい所です。

僕はあまりコミュニケーション力に自信が無かったので新しい職場でも直ぐに人間関係を構築出来るようにカーネギーの「人を動かす」を始め、その頃はそれ系の本ばかりを読んでいました。

スポンサーリンク

ゴマを擦る必要はない

さて、僕が転職したのは新卒で入社して5年目だったので、前の会社にいた時に何人も中途入社の人の歓迎会をやってきました。

その中にはあからさまなゴマ擦り野郎(おっと失礼w)が何人か居ました。

 

ちょっとグラスが空いただけでせっせとビールを注いだり、

普段絶対使わないようなかしこまった敬語で話をしたり、

役付きの前だとやたらペコペコして声が一オクターブ高くなったり、とw

 

それらを見て、僕としては、

「もっと普通にしてればいーのに・・・。お前はロボットかw」

と内心思っていました。

(決して悪い事ではないのですが、僕としては距離を縮め難くく感じたので・・・。)

 

なので、自分が中途入社の側になって、歓迎される側になった際には普通に振る舞おうと思っていました。

名前を呼ぶ事に注力した

しかし、いくら普通に振る舞うといっても、ただ単に飲んで食って終わりって訳には行きませんw

歓迎会は今後の人間関係を築く上での土台を作ることが目的なので、多少は営業マン化します。

 

とはいえ、僕のやった事なんて凄く簡単な事で、全員の名前を予め覚えておいて、名前を呼んで会話しただけです。

たったこれだけですが、相手は確実に僕の名前を覚えてくれますし、少なくとも僕に対して敵対的な対応をする人(村八分的な扱いをする人とか、警戒心を持つ人とか?)は居ませんでした。

(まあ、元々みんな良い人達だったのですが。)

 

ディール・カーネギーの「人を動かす」にはこんな風に書いてあります。

人間は他人の名前などいっこうに気にとめないが、自分の名前になると大いに関心を持つものだ。

自分の名前を覚えていて、それを呼んでくれるということは、まことに気分のいいもので、つまらぬお世辞よりもよほど効果がある。

人に好かれる原則:名前は、当人にとって、最も快い、最も大切な響きを持つ言葉であることを忘れない。

つまり、僕はただ単に「人を動かす」の原則に従っただけですw

でも、実際にやってみると効果は確かにあります。(僕も名前を覚えて呼んでもらえたら嬉しいですし。)

距離感を一気に縮められるような感じです。

 

営業の人なんかだと超当たり前の事だと思いますが、SEとか技術職の人だとその辺をやらない人も多いので、これは絶対お勧めです。

年下で役職も下の人は「くん」付け?「さん」付け?

僕が少しだけ悩んだのが、自分より年下で役職も下の人をどう呼ぶべきかです。

役職が上、または年上であれば役職に関わらずさん付けで良いですが、役職も年齢も下だけど入社年度的には先輩という人に対して、XX君って呼ぶべきか?XXさんって呼ぶべきか?

 

一応、僕の中では最初は「さん」付け+半敬語(です。ます。は付けないけど、疑問形は敬語みたいな話し方w)

で、少しづつ「くん」付け+タメ語にしていく感じにしました。

 

いきなり「くん」付け+タメ語だと、人によっては

「お前、いきなり入ってきて何様だ?年上だからって調子乗んなよ?」

とw、不愉快になる人もいるかなと思ったので、最初は「さん」付けにしておきました。

 

ただ、自分より年下で役職も下の人に対して、「さん」付け+敬語は会社組織の中で働く上ではあまり都合が良くないので徐々に距離感を計りながらタメ語にしていきました。

今思うこと

青空

年齢とか役職とか気にしながら言葉使いを変えていくのとか・・・、この辺の距離感をつかむのが中途で入ると面倒なんですよね。

こういう場合は、英語みたいに全部同じ言葉だったら楽なのにと思います。

 

あと、僕はコミュニケーション能力が低い方だったので、コミュニケーション能力(ここでは人と仲良くなる力というニュアンス)を増やす為の本を何冊も読んでました。

その中でも「人を動かす」は読んでおいて本当に良かったかなと思います。

 

転職後とかで1から人間関係を構築していくのは結構大変なことです。(特に中途だと最初から厳しい目線で見られるし)

それでも、以下の「人を動かす」に書いてある内容は人間関係を構築するのに大きく役に立ちました。

 

読んですぐに全部の内容を実践出来るかと言われると「名前を覚えて名前を呼ぶ」位の簡単なことしか出来ませんでしたが、それでも人付き合いの原則を「知らない」と「知っている」では大きな差があると思います。

コミュニケーション能力に自信が無い方には超お勧めです。

レベルアップ

人を動かすを読んでコミュニケーション能力が大幅に向上した

 - 一次ベンダー時代 , ,